あしたば青汁

0002.jpg

あしたばの効果と活用法

八丈島とはどこにあるのでしょうか。

皆さんご存知ですか?八丈島の所在地は東京都です。

「伊豆諸島」と言えば馴染みのある方も多いのではないでしょうか。

八丈島は車で島を一周すると大体1時間半くらいで回ることが出来るこぢんまりとした島です。

気候も暖温帯となっていて一年を通しても過ごしやすい環境となっているようです。

そんな自然豊かな八丈島だからこそ葉も茎までも柔らかく最高級品のあしたばが多く生産されているのでしょうね。

通常あしたばは健康にもとても良く特に女性向けにもセルライトやむくみの解消に多く用いられていました。

最近ではメタボリック症候群などの生活習慣病予防や対策で努めて摂取しようとする方も増えているようです。

あしたばは葉と茎は固めで苦味も少し強いので好き嫌いも多く、そのまま食べるには大人の味と言えるかもしれません。

私達も一般的に天ぷらやおひたしなど苦味が美味しく感じる調理方法でいただいてますが、八丈島の島民の方もまずあしたばをそのままはあまり食べないようです。

そもそも八丈島ではあしたばを調理して食べるよりもあしたば青汁や粉末状態にして混ぜて食べるのが主流だそうです。

粉末状態にすることであしたば青汁やケーキに入れたりお蕎麦に練り込んだりと食品のほとんどにはあしたば風味になるのではと思うくらい何にでも入れてしまうそうです。

あしたばの加工食品の方がメジャーな商品なのですね。。

日本原産のスーパー野菜「明日葉」

あしたばが体に与える影響

あしたばが健康に与える影響について考えたことはありますか(あしたば効能)。

一言で「健康にいい」と言っても何の症状にいいのか、万人に効果が出るのか、即効性があるのかないのかなど気になりますよね。

どうせ摂取するなら自分の身体に必要な物を摂取したいと誰もが思うはずです。

あしたばがどうして身体にいいのか少し説明させて頂きます。

まずあしたばは「今日芽を取っても明日にはまた芽を出す」と言われるほど生命力の強い植物です。

特に血糖値の下降作用によいとされています。

血糖値を下げる植物は他にもギムネマやグァバ葉ポリフェノールなどありますが、これらは腸からの糖吸収に影響を与える血糖の値をゆっくり上昇させる作用があるのに対して

あしたばは脂肪細胞の分化を促進し、ぶどう糖の取り込みをも促進させるインスリン作用があると言われているのです。

その他にもあしたばの栄養素は食物繊維からビタミンB2までバランス良く量も豊富に含まれています。

そのまま食べると癖のある食材ですがあしたば青汁やサプリメントとして気軽に毎日摂取すると身体の調子も変わってくるかもしれません。

朝起きて、まずあしたば青汁を1杯のむ習慣があれば糖尿病を代表とする様々な生活習慣病や野菜不足から脱出し健康的な快適生活の第一歩となるかもしれません。

明日葉は伊豆諸島では当たり前の健康野菜

八丈島産のあしたば100%

商品は正真正銘八丈島産のあしたば100%の明日葉青汁です。

皆さんは今までよりも「産地」を気にするようになった事はないでしょうか。

国内産か国外産か、また日本でもどこらへんでとられたものか。

自分の身体に入る物だからしっかり見極めたい気持ちはよくわかります。

特に健康や身体にいいと思って摂取している商品が農薬まみれでは何故かいい気分にはなりませんよね。

このあしたば青汁はあしたばで有名な八丈島産という事だったのに、何故か発送は愛知県の住所が書いてあると不信に感じる方もいらっしゃると思います。

これにはきちんとした理由があります。 愛知県は日本の真ん中ですよね、全国のお客様になるべく送料をお安くお出しする為なのです。

商品は、現地製造メーカーの八丈島花月堂販売より弊社に一括入荷致しております。

しかし八丈島産で間違いありません安心して召し上がって下さい。

店舗販売ではなくインターネットという顔の見えない販売ですが、真心こめて丁寧に包装し到着を楽しみにしている私達に迅速に発送致します。

関東圏や関西地方でしたら翌営業日の次の日、その他の地方も翌営業日から2営業日以内で発送致します。

できるだけ丁寧な取引を心がけ、また購入したくなる気持ちになって頂くよう精進致しております。

また支払い方法がきちんと選べるのも魅力の1つではないでしょうか。

クレジットカードからコンビニ払いまで対応しているのでご確認下さいませ。

明日葉の効能が注目されるわけ